冬キャンプの寒さ対策

 

どうも、冬もキャンプにもちろん行きます FromCamper 代表です。

 

冬キャンプに挑戦しようと思うときに、

どれくらい寒いんだろう?

何を準備すればいいんだろう?

って、私も悩みました。

こういったものがあるといいとか、こんなこと気をつけてってことをまとめてみます。

 

 

冬キャンプであったほうがいいもの

やはり寒いので暖房器具が必要です。

暖房器具は色々なものがあり、大きさや使用する燃料も様々です。

はじめての方におすすめするのは、やはり石油ストーブが使いやすいのではと思います。

我が家は今でも石油ストーブが主力です。

 

石油ストーブの使用時に注意することは、運搬で灯油が漏れる可能性があることと使用時の一酸化炭素中毒です。

今は灯油のもれない「フジカハイペット」というストーブもあります。

その他のストーブを使用される方は、運搬の際に灯油を満タンにせず現地給油の方が安全かもしれません。

また、ストーブ購入の際には、火力も気になるところです。

一酸化炭素中毒に、なる可能性もあるため、一酸化炭素警報機を使用することをおすすめします。

 

どれくらい寒いのか、どれくらいなら過ごしやすいかわかるように

室内外温度計があるとわかりやすいです。

ぜひ温度計は持っていって欲しいです。

 

『暖房器具、一酸化炭素警報機、温度計』は、必要かと思います。

 

暖を取る際に、熱気は上昇し冷気は下にたまるため、暖房機器を使用していても温かい空気が上に溜まってしまいます。

その際にサーキュレーターや小型の扇風機があれば室内循環し、快適に過ごせます。

電源付きのサイトであれば問題ないですが、電源のない場合はモバイルバッテリーを持っていけばどこでも使用できます。

 

冬キャンプの寒さですが、寒さは地面から最もやってきます。

私は、ファミキャン時にはホットカーペットを持っていっています。

ホットカーペットはかなり効果が高いです。

また、地面の寒さを防ぐため、アルミシートなどを使用したほうがいいです。

予算的に問題なければ、NASAシートを使用すれば結露もしづらく、

地面からの寒さも格段に変わってきますので、こちらはかなりおすすめです。

 

シェラフも冬用を買うことをおすすめしますが、はじめての時はどれがいいかも悩むかと思います。

そういった時は、家から毛布や布団を持っていって、普段使用しているシェラフの中に入れるだけてもかなり暖かくなります。

シェラフの中が暖かいだけでは、寝づらいことがあります。

それは地面に近いほどやはり温度が低かったり、隙間風があったりするからです。

やはり冬キャンプで使用するテントは、テントにスカートの付いているものや室内温度が安定しやすい生地のものがいいかもしれません。

ただ生地にこだわると高価なテントになってしまうので、スカート部分はせめてあったほうがいいと思います。

スカートを自作して、取り付けている方もいますので、そういった方を参考に制作するのもいいのではないでしょうか。

 

また、地面からの距離を取るためにコットを使用することもおすすめします。

私もソロキャン時は、基本コットで寝ています。

ハイコットであれば、隙間風や地面の寒さから距離が取れ安眠できます。

ただコットになにかを敷いて寝ればなお安心ですので、私は毛布を敷いて使用しています。

 

最後に冬キャンプにつきものなのが、テントの結露です。

だいたい驚くほどテント内外結露します。

テントの材質にもよりますが、結露したテントを乾かすために、朝はタオルでテントを拭いてください。

しっかり乾かないまま保管するとカビの原因になる為、もし乾ききらなければ

自宅に持ち帰って、干すか

今はテント乾燥やクリーニングサービスもあるので是非活用してみて下さい。

自宅乾燥の際は、私はベランダにそのまま干しますが、干す場所が無いと言われる方は

布団乾燥機で乾かす方もいるので、試してみてはどうでしょうか。

 

 

冬キャンプについて、書いてみましたが、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

関連記事

  1. ファミキャン時のキャンプ場内サイト選び

  2. キャンプ飯の決め方

  3. 紙薪作ってみたよ!

  4. 続・紙薪つくってみたよ!『燃焼結果』

  5. キャンプギアのおすすめ購入方法

  6. シェラカップ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。