レギュレーターって何?便利なカセットガスを寒くても使える?

 

どうも、FromCamper代表です。

 

だんだん寒くなってきて、そろそろストーブの準備をしようかと思っています。

まだキャンプを初めて間もない方は、秋冬は中々キャンプに行くのは勇気がいるかもしれません。日中は暖かくても、朝晩は冷え込みます。そんなときにちょっと知っておくべき豆知識をご紹介したいと思います。

 

 

  1. カセットガスは寒くなると使えない
  2. 寒くても使えるマイクロレギュレーターって何?
  3. 寒くても使えるカセットガスってあるの?

 


 

 

カセットガスは寒くなると使えない

カセットガスは寒くなると使えないんです。なぜかというと、通常どこでも売られているカセットガス(CB缶と言われるもの)は、「ブタン(ノルマルブタン)」が主成分として使われています。ブタンの特徴は、気温マイナス0.5度まで使用することができますが、実際には気温が10度以下になると火力が落ち始めます。また、ガスには蒸気圧なるものがあり、蒸気圧の高いものほど、缶からのガスの噴き出す力が強く、安定した燃焼がされます。蒸気圧が下がれば、ガスの供給が少なくなり燃焼が弱くなるという事です。

またガスには沸点(液体が気体になる)があり、沸点が低いほど寒くても安定してガスが期待になり燃焼できます。

ブタンは、沸点がー0.5℃で氷点下になれば、気化しなくなります。なので冬場は使えないといわれるんですね。

自宅でカセットコンロを使われたことのある方は分かるかもしれませんが、使っていると熱源が近くあるにもかかわらずカセットガスが冷たいですよね。これは気化熱というものにより、ガスが液体から気体に変わる際に、どんどん冷たくなっていく現象です。外気温が高い夏場であれば問題ないですが、外気温の低い冬場であれば、気化熱によりどんどん冷えるカセットガス直の事使用できません。

 


 

 

寒くても使えるマイクロレギュレーターって何?

 

 

では寒くても使えるマイクロレギュレーターとは何でしょうか?

 

 

凄いですね!!

 

要約すると、ガスの圧が下がっても、安定してガスを供給する構造の事です。

 

カセットコンロにもガスが安定して供給する為の構造に、ヒートパネルというものがあります。

 

 

 

このヒートパネルを通して、バーナーの熱を必要な分だけカセットガスに伝え、カセットガスが冷たくなりすぎないようにしています。

単純なようで、色々と工夫されているんですよね!

 


 

 

寒くても使えるカセットガスってあるの?

 

 

最初に、ブタン(ノルマルブタン)の話をしましたが、ガスにも実は種類があるんです。ブタン以外に、イソブタン、プロパンというものがあります。

イソブタンとプロパンは、ブタンに対して、沸点も低く蒸気圧も高いです。ということは、気化しやすく、ガスの供給する力も強いという事です。冬でも使えそうですね。

 

 

このガスを使用して作られたカセットガスが、「ハイパワー(寒冷地仕様)」のパワーガスと言われているものです。あまりスーパーやホームセンターでは見かけませんい、通常のカセットガスよりもお高くなっています。

こちらのガスがあれば冬など、一定の環境下内であれば、カセットガスを使用することが出来ます。

 

 

 

普段何気なく使用しているカセットガスですが、特徴を知っておけば安心して使うことが出来るのではないでしょうか。

 

アウトドアをこれから始められる方や始めて間もない方の参考になればと思います。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 初めて キャンプ テント 設営 購入 ファミキャン

    初めてのテント設営あるある

  2. チキンラーメンテント!超レアテント!

  3. 紙薪作ってみたよ!

  4. キャンプ アウトドア ハット ブーニーハット 帽子 ファッション

    キャンプ×ブーニーハット

  5. キャンプ 夜 音 オナラ イビキ 睡眠 寝る

    キャンプ×いびき・おなら

  6. 続・紙薪つくってみたよ!『燃焼結果』

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。