続・紙薪つくってみたよ!『燃焼結果』

 

取り合ずやってみて失敗しまくる、FromCamper代表です。

 

先日「紙薪」なるものを作成してみたので、さっそく燃焼実験をしてみました。

使用するまでに実質の乾燥時間は、1週間かかりました。秋ごろだったのもあり、1日中外に出したら夜露に当たってしまうので、昼間は外に出して、夕方しまって室内乾燥させました。それでも、外側は乾きますが、内側の乾燥に時間がかかりました。夏場であればもう少し早いと思います。

 

実際の検証動画が以下です。

 

はい。全然つきません。。゛(ノ><)ノ ヒィ

ずっと、くすぶる感じです。

イメージは、紙が燃えるかのように着火して、それが炭のように持続すると思っていました。

私の作り方が下手なのかもしれません…。

かなり期待していたので、「紙薪」を着火剤にして焚火に火をつけようと思いました。そのまま焚火して、一緒に燃やしてしまいました。

 

お詫びに、燃えてる映像をどうぞ笑!

 

 

風が強かったからなのか、乾燥が足りなかったからなのかななんて考えてみますが、子供は楽しんで作っていたので、また作成してみたいと思います。

体験教室何かで提供しても面白いかもしれませんね。

それではまた、(⌒∇⌒)ノ””マタネー!!

 

 

 

 

関連記事

  1. 炭ってどれがいいの? 炭にはどんな種類があるの?

  2. 紙薪作ってみたよ!

  3. チキンラーメンテント!超レアテント!

  4. レギュレーターって何?便利なカセットガスを寒くても使える?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。